みんなに効くかもしれない便秘対策はおすすめできない

すばらしい店レーシック > 便秘対策 > みんなに効くかもしれない便秘対策はおすすめできない

みんなに効くかもしれない便秘対策はおすすめできない

2017年1月 3日(火曜日) テーマ:便秘対策

激辛料理がテレビで紹介される度、どんどん過激になっていくような気がしてなりません。お料理が可哀想だなと思います。味なんてどうでもよくて、どれだけ辛いか、どれだけ唐辛子が入っているかにしか注目がいってませんよね。「え~っ」って言われたいだけでしょ、みたいな。あまりにひど過ぎると、食べている人の体も心配になってくるレベルです。前回食べた人が「おしりが大変なことになった」とか言っているのを聞いて、体は正直だなと思いました。あまりにひどいものは拒絶するんですね。これは体に留まらせちゃいけないと。過度の刺激はいけないと。

 

みんなに効くかもしれない便秘対策は意味がない?

 

でも考えてみると、便秘に効くと巷で言われるコーヒーやチョコレートも刺激物ですよね。朝起きての水分も腸への刺激ですし、刺激を与えてあげると便秘は解消するんでしょうね。おなかを「の」の字にマッサージするのも刺激ですしね。ただ、コーヒーが効かない人もいるし、どの刺激が自分に合うのかが分からないのが難点ですけどね。多分激辛料理だとほとんどの人に効くと思うのですが、そこまでするなら便秘薬飲みますよね。辛い物が苦手な人もいますし。便秘は解消できても、喉や胃への負担が心配になるようじゃダメですよね。